Challenging for 2020 立ち止まらない。挑戦を続けるために。 Challenging for 2020 立ち止まらない。挑戦を続けるために。

TOYOTA CONNECTED'S CHALLENGE

限りなくカスタマーインへの挑戦。
まだ世の中にないサービスや
事業を生み出していきたい。

100年に一度の変革期を迎えているといわれる自動車業界。
社会にIoTやコネクティッドが浸透する中で、クルマの楽しみ方そのものも変わろうとしている。
そんな中、トヨタコネクティッドでは、人々の暮らしをより便利で豊かな心ときめくものにするために、
まだ見ぬ先進技術やMaaS領域での新サービスなどを生み出していきたい。
「限りなくカスタマーインへの挑戦」。
2020年に向けて、わたしたちの果敢なチャレンジは、始まったばかりだ。

challenge-no-1

家族へ安心を提供する
「見守りサービス」

プロジェクトマネージャーである専務の体験をきっかけに、同じような問題を抱える社員が思いに共鳴し、プロジェクトがスタート

高齢の親が運転中、何かおこったときにすぐにサポートしたい。

人口の高齢化に伴い、高齢者による自動車事故の増加が社会問題となっています。高齢者の免許返納を促進する動きが広がる一方、移動手段を失うことで行動範囲が狭まり、生活の豊かさが減じてしまうことも懸念されています。わたしたちは、高齢者の移動を制限せず、変わらない生活を維持しながら、より安全に配慮し、家族へ安心を提供する「家族見守りサービス」プロジェクトを立ち上げました。

トヨタコネクティッドは、エンジンオンオフの位置情報や急ブレーキなどの挙動をリアルタイムに検出できる技術を活用して、クルマの各種センサ情報や地図情報を収集・分析し、家族の運転挙動を必要なときに確認や通知するサービスの開発を行っています。 このサービスの特徴は、「監視」ではなく「見守り」。わたしたちは家族の関係性を1番に考え、走行データをすべてリアルタイムで管理するのではなく、必要なときだけ確認し手助けをする」サービスを目指しています。例えば、平均よりも極端に長い走行や逆に全く運転挙動がない、夜中に走行しているなど、普段と違う挙動を感知した際に家族のPCやスマホへアラートを送ります。家族は必要に応じて連絡や様子を見に行くなど迅速な対応ができ事件や事故の防止や最小化につなげることができます。多くのお客様に簡単便利にご利用いただくため、各自でアラート通知のパラメータ設定ができ、クルマのシガーソケットに後付けができる技術を採用しています。

危険挙動の察知についても、ゆくゆくは、AI分析による個々の運転に応じた判断を行い、より個人に最適化されたサービスの提供を目指しています。トヨタコネクティッドの企業理念である「限りなくカスタマーインへの挑戦」のもと、わたしたちのIT技術と改善ノウハウ、パートナーシップ会社様との連携で新たなサービスを生み出していきます。

Project Manager’s voice

自らがユーザーとなり、
身近な課題を解決することからはじめる プロジェクトマネージャー 専務 藤原 靖久

私のサービス企画の基本は、「身近な課題を解決する」ことです。実生活の中で、もっとこうだったらいいのに、という改善点をみつけ、IT技術を用いながら具現化していきます。今回は、親の運転に過干渉せずに安全を確保したい、家族が安心する仕組みを作りたい、という思いを社内の仲間に共有したところからプロジェクトとなり、多様なバックグラウンドを持つ仲間が集まってくれました。このプロジェクトでは多様性を活かして、おもしろい技術やアイディアがあれば社内社外に関わらず取り入れ、より良いサービス創りに取り組んでいます。 高齢者とその家族が安心して暮らせる社会づくりに興味がある方、ぜひ一緒に進めてみませんか。


2020omoi_tit

2019年6月に開催されたル・マン24時間耐久レース。
小林可夢偉は予選を1位通過するも、
残り1時間、重なる不運に見舞われ、悲願のル・マン初勝利を逃した。
決して華々しい光が当たる場所ではない、
才能や環境に恵まれたスターたちの陰で、

悔しさをバネに壁を乗り越え、
がむしゃらに努力してきた。

この1年間、仲間と共に勝つためには
どうするべきかをひたすら考え続けてきた。
それは、トヨタコネクティッドの前身、
ガズーメディアサービス創業当初から、
これまで我々が培ってきた改善魂と重なる。
「勝つということは、自分の人生にとってはすごく大きなこと。
そこから逃げるのではなく、

チャンスがある限りは、
あきらめたくない」

その言葉に共感を覚え、共に挑戦し続けたいと、
小林可夢偉をトヨタコネクティッドのコーポレート
キャンペーン・アンバサダーとして迎える。

Challenging for 2020
それが、わたしたちの合言葉になる。

2020omoi_tit

2019年6月に開催されたル・マン24時間耐久レース。 小林可夢偉は予選を1位通過するも、 残り1時間、重なる不運に見舞われ、悲願のル・マン初勝利を逃した。
決して華々しい光が当たる場所ではない、 才能や環境に恵まれたスターたちの陰で、

悔しさをバネに壁を乗り越え、
がむしゃらに努力してきた。

この1年間、仲間と共に勝つためには どうするべきかをひたすら考え続けてきた。
それは、トヨタコネクティッドの前身、 ガズーメディアサービス創業当初から、 これまで我々が培ってきた改善魂と重なる。

「勝つということは、自分の人生にとってはすごく大きなこと。
そこから逃げるのではなく、

チャンスがある限りは、
あきらめたくない」

その言葉に共感を覚え、共に挑戦し続けたいと、 小林可夢偉をトヨタコネクティッドのコーポレート キャンペーン・アンバサダーとして迎える。

Challenging for 2020
それが、わたしたちの合言葉になる。

Challenging for 2020キャンペーンアンバサダーに就任した、
小林可夢偉選手からメッセージをいただきました。

kamuimassage_tit


WEC2019-2020年開幕戦
シルバーストーン4時間 優勝

この結果は本当に嬉しいです。完璧なシーズンスタートを切ることができました。私自身のスティントは雨に見舞われたため大変でした。降雨の時間は短いのではないかと考えてスリックタイヤのまま走り続けましたが、予想以上に雨は激しく、かつ長く降ることとなり、ピットインせざるを得ませんでした。8号車とは、接近戦ながらフェアなバトルが出来ましたし、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれました。この週末を通してTS050 HYBRIDは最高の仕上がりでしたし、ペースも良かったです。次戦は富士でのレースになります。今回勝利したことでハンデが課せられますが、強さで勝負したいと思います。とても楽しみにしています。みなさま応援よろしくお願いいたします。

WEC2019-2020年開幕戦
シルバーストーン4時間 優勝

WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 優勝 WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 優勝

この結果は本当に嬉しいです。完璧なシーズンスタートを切ることができました。私自身のスティントは雨に見舞われたため大変でした。降雨の時間は短いのではないかと考えてスリックタイヤのまま走り続けましたが、予想以上に雨は激しく、かつ長く降ることとなり、ピットインせざるを得ませんでした。8号車とは、接近戦ながらフェアなバトルが出来ましたし、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれました。この週末を通してTS050 HYBRIDは最高の仕上がりでしたし、ペースも良かったです。次戦は富士でのレースになります。今回勝利したことでハンデが課せられますが、強さで勝負したいと思います。とても楽しみにしています。みなさま応援よろしくお願いいたします。

小林可夢偉

レーシングドライバー

小林 可夢偉

Kamui Kobayashi

  • 1986年9月13日生まれ、兵庫県出身。
  • 2002年に15歳のときフォーミュラトヨタで4輪デビュー
  • 2004年からTDPドライバーとして、欧州のフォーミュラ、ユーロF3に参戦。
  • 2010年からF1にフル参戦し、2012年の日本GPで3位に。
  • 2016年からWECへもフル参戦し、第7戦富士で初勝利。
  • 2017年のル・マン24時間ではコースレコードを樹立、ポールポジションを獲得。
  • 2019年にはスポット参戦したデイトナ24時間でも総合優勝を獲得した。
主な実績

2020年に向けて。このサイトでは今後、
トヨタコネクティッドの未知への挑戦、
社会貢献や実証実験などへの取り組み、
新しいプロダクト・サービスについて紹介していきます。